友情提示:本站已经不再是南强考网,请知晓。

日语能力考试一级阅读精选问题(19)

全国等级考试资料网 2019-01-23 08:22:34 17

次の文章を読んで、それぞれの問いに対する答えとして、最も適当なものを1.2.3.4から一つ選びなさい。

時男は、昼休みにホテルのコーヒー?ラウンジへ行き、気取って本を読んだりすることがある。ホテルのクールさが、時男の何かをほぐしてくれるためだ。ホテルのコーヒー?ラウンジには、時男とはレベルの違うビジネスマンが屯(たむ)ろしていて、それをながめるのも贅沢な気分だった。

「あの、アイリッシュ?ティ......」

気取って注文をした時男は、ひとつ向こうの席の四十半ばくらいの、エリートらしき男たちの会話に耳をかたむけた。

「お宅の方から五億くらいですね......」

時男にとってはケタのちがう金額が、片方の男の口から軽々と吐き出され、

「いや、うちの五億は出させていただくとしてですね......」

片方の男もやわらかくこれに応じる。時男は、うっとりとそのやりとりをながめていた。ひとりがタバコをくわえ、しきりにライターを探しはじめた。そして、相手のタバコの上にあった百円ライターを、かるい会釈(えしゃく)をして手に取り、タバコに火をつけた。五億の商談は、つづいていた。火をつけると、男はそのライターを、相手のタバコと自分のタバコの中間においた。

すると、①相手の男の目に一瞬、不安の色が生じた。そして、吸いたくもないタバコをくわえ、真ん中のライターを取って火をつけると、それを自分のタバコの上へ戻したのだ。五億の商談は、その間もよどみなくつづいていた。五億の商談と、百円が二十センチ遠のいただけで不安をおぼえる貧乏性、その二つがエリート風の男のあいだでゆれいごく。現代の②TOKYOも捨てたもんじゃないと、時男はしばらく高見の見物をきめこんだものだ。

(村松友視「TOKYO物語(3)『中吊りの小説』新潮文庫による」

問1 ①「相手の男の目に一瞬、不安の色が生じた」とあるが、どんな不安か。

1 五億もの商談が成立するかどうかの不安

2 自分のライターを返してもらえるかどうかの不安

3 相手がタバコを吸うときに、火をつけてあげなかった不安

4 百円ライターを使っていることをどう見られるかという不安

問2 時男はなぜ②「TOKYOも捨てたもんじゃない」と思ったのか。

1 ホテルのコーヒー?ラウンジで五億の商談が平然とされていたから

2 五億の商談をする男が、庶民的な百円ライターを使っていたから

3 エリート風の男が、自分のライターを軽く相手に貸してあげたkら

4 大都会で生きているのは、自分の物に執着する普通の人間だとわかったから

単語:

ラウンジ  lounge 休息室

気取る きどる/けどる[自他五] 装腔作势,冒充;[他五]察觉

ほぐす  [他五]解开,揉开

たむろ [名/他サ]聚集,旧时派出所

アイリッシュ Irish 爱尔兰

エリート  杰出人物,尖子

耳をかたむける 倾听,聆听

ケタが違う  相差悬殊,不可比拟

よどむ  淀む/澱む [自五]阻塞,不流畅

参考翻訳:

某帅哥午休时去饭店里的咖啡休息室,有时装腔作势拿本书读读。在饭店的冷气下,帅哥不知道在玩弄着什么。在饭店的咖啡休息室里,帅哥和水准不一样的商人聚集在一起,就是远望那场景也是非常奢侈的心情。

“你好,来杯爱尔兰茶。。。”装腔作势点单后的帅哥,向对面的坐席一位45岁左右,倾听着和精英样子的男子们的谈话。

“您出5亿啦。。。”

对帅哥而言,那是相差悬殊的金额,对面男子口中悠悠吐出

“不,还是请让我来出5亿吧。。。”

对面男子也轻松地答应着。帅哥发着呆互视。一人叼起香烟,突然开始找打火机。然后(看见)对方的香烟盒上价值百円的打火机,随便打个招呼就伸手拿,给香烟点火了。5亿的商业谈判还在持续。一点上了火,男子把那只打火机放在了对方和自己的香烟之间。

于是,在对方男子的眼中一瞬间,闪过不安的神情。于是叼着原本不想抽的香烟,从正中间的取走打火机点火,把那只放回在了自己的香烟上方。5亿的贸易谈判,期间并没有中断而继续着。5亿的贸易谈判和价值百円20厘米之间的距离让人感觉不安的一种小家子气,在那两位精英外形的男子中弥漫着。不应该舍弃现代的 TOKYO,帅哥应该暂且听取高尚的(值得一看)东西。

解答:

練習1 答え:2

解説:エリートらしき男2人の行動には注目する。「不安の色が生じた。」のは、「相手のタバコと自分のタバコの中間に<ライターを>おいた」時である。次に<不安の色を示した>男は吸いたくもないタバコを吸い、ライターを自分のタバコの上へ戻した。つまり、男の不安はライターの置かれる場所に左右される。「百円が二十センチ遠のいただけで不安をおばえる」というとこもポイント。

練習2 答え:4

解説:「捨てたもんじゃない」とは「まだ、いい所があるじゃないかと、そのものの価値を見直す」時に使う表現である。「五億の商談」は大都会のイメージ。「百円ライター」は人間味の象徴である。時男が興味が持ったのは、五億の話をする一方で、たった百円のライターに、エリート風の男の心が動いていること。

相关资料

相关阅读

精选日语